薬物併用による鎮痛効果の減弱

健常人に疼痛刺激を加えた際アセトアミノフェン単独、トロピセトロン単独では鎮痛効果があるが、両者を併用すると鎮痛効果がなくなる。
Bandschapp O, Filitz J, Urwyler A, Koppert W, Ruppen W. Tropisetron blocks analgesic action of acetaminophen: A human pain model study. Pain. 2011;152:1304-1310.

 これは線維筋痛症ではありませんが、単独では鎮痛効果がる薬を併用すると鎮痛効果がなくなるという報告です。つまり二つの薬を当初から併用すると鎮痛効果がないが、そのうち一つを使用すると鎮痛効果が得られるという報告です。
 この報告から、複数の薬物を当初から併用することは望ましくないことがわかります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-06-28 00:02 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line