プラミペキソールとブロモクリプチンの比較

前向き、偽薬使用の一重盲検法を薬を使用していない45人の idiopathic RLSに使用. 各患者を2日間の連続した終夜のpolysomnographic研究. 初日は薬なしで行う。二日目の夜に先立ち, 一群は0.25 mg pramipexole(プラミペキソール:商品名ビ・シフロール)を1回内服し二群は2.5 mg bromocriptine(ブロモクリプチン:商品名パーロデル)を1回内服, 他は偽薬を内服。結果:主観的症状はpramipexole とbromocriptineで改善したが; pramipexole後の改善の方がよかった。Pramipexole群のみが睡眠効率が改善し、睡眠後の覚醒が減少。Pramipexoleの方がbromocriptine より周期的下肢運動を減らし、特にperiodic leg movements indexが高い患者で減らした. 10―40秒間の間隔のある典型的周期的下肢運動はpramipexoleでは完全に消失したが bromocriptineでは軽減はしたが存続した.
Preferential D2 or preferential D3 dopamine agonists in restless legs syndrome.
Manconi M, Ferri R, Zucconi M, Clemens S, Giarolli L, Bottasini V, Ferini-Strambi L.
Neurology. 2011 Jun 29. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-02 12:45 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line