ステロイドと局所麻酔薬による局所静脈内ブロック

・lidocaine とmethyloprednisoloneによる局所静脈内ブロック. 168人の上肢のCRPS-I 患者を5年治療. 治療終了時88%の患者は軽度の疼痛又は無痛。 平均5年の経過観察後(28か月から7 年) 完全な無痛は患者の92%. 急性期の症状は改善。早期発見と早期治療開始が疾患の経過にとって非常に重要であり、それにより症状が改善しやすい。上肢機能がよく満足できる疼痛改善が予測できる。
malizos@med.uth.gr
J Hand Surg Eur Vol. 2011 Jun 30. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I as a consequence of trauma or surgery to upper extremity: management with intravenous regional anaesthesia, using lidocaine and methyloprednisolone.Varitimidis SE, Papatheodorou LK, Dailiana ZH, Poultsides L, Malizos KN.
Department of Orthopaedic Surgery, University of Thessalia School of Medicine, Larissa, Greece.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-08 20:58 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line