自殺未遂

FM患者に調査票を郵送。180人から回答あり。13人(16.7%)が1-3回の自殺企図(自殺未遂)を報告。服毒自殺が自殺未遂の最も多い方法 (70%). 自殺未遂者と自殺を図ったことのない者の間では年齢、教育歴、結婚状態は関連がなかったが、就労状態では有意差あり。今回の対象者では自殺未遂者と自殺を図ったことのない者の両方で過去の論文での報告よりPlutchik's suicide scale scoresが高かった。自殺未遂者のFIQRは自殺を図ったことのない者のそれより有意に高かった。FIQRと Plutchik suicide risk scale scoresには強い相関あり。疼痛、睡眠の質が悪いこと、不安や抑うつは自殺の危険性と正の相関。
Suicide attempts and risk of suicide in patients with fibromyalgia: a survey in Spanish patients.
Calandre EP, Vilchez JS, Molina-Barea R, Tovar MI, Garcia-Leiva JM, Hidalgo J, Rodriguez-Lopez CM, Rico-Villademoros F.
Rheumatology (Oxford). 2011 Jul 12. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-16 09:34 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line