日本式線維筋痛症と世界標準のfibromyalgiaの違い

 大変、残念なことですが日本で唱えられている線維筋痛症は日本式線維筋痛症であって、世界標準のfibromyalgiaとは異なります。世界標準のfibromyalgiaは中枢性過敏症候群(central sensitivity syndrome)に含まれます。しかし、日本式線維筋痛症はリウマチや膠原病の類縁疾患と見なされています。日本ではリウマチや膠原病から線維筋痛症に入った人が多いことと、PubMedでfibromyalgiaの英語論文をすべて読んでいる人の割合が少ないこと、利益相反の開示(製薬会社から研究費が出ている、特定の薬が使用されると自分あるいは自分が関連する会社に利益が入る、製薬会社の株を持っている、など)が不十分なことなどがその理由です。リウマチや膠原病の類縁疾患と捉えられていますので、ステロイドやNSAIDが使用されることが多いのです。その他にも、日本で唱えられている日本式線維筋痛症はかなりの部分で世界標準のfibromyalgiaとは異なっています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-31 09:13 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line