2006年の論文、発表、講演

論文
線維筋痛症
 最新精神医学11 (1) 65-73, 2006
 広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広・丸石正治

Basal Blood Flow in Complex Regional Pain Syndrome Does Not Necessarily Indicate Vasoconstrictor Nerve Activity
Clinical Journal of Pain 22 (1) 109-110, 2006
Katsuhiro Toda, Hiroshi Muneshige Tomohiro Asou, Toshihide
Harada, Masanori Okazaki, Noriko Tachiki, Nobuko Horie, Cheng
Weiping, Shigenobu Nakamura

Intravenous Regional Block with Lidocaine for Treatment of
Complex Regional Pain Syndrome
Clinical Journal of Pain 22 (2) 222-224, 2006
Katsuhiro Toda, Hiroshi Muneshige, Tomohiro Asou

アミトリプチリンが著効した線維筋痛症の1例
 広島医学59 (1) 71-74, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広・丸石正治

日本語版Fibromyalgia impact questionnaire(試案)
 広島医学59 (1) 49-52, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

ノイロトロピンが著効した慢性疲労症候群の1例
 広島医学59 (2) 154-155, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

慢性疲労症候群
 広島医学59 (2) 114-126, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

Efficacy of Neurotropin in Chronic Fatigue Syndrome: a Case Report
Hiroshima Journal of Medical Science 55 (1) 35-37, 2006
Katsuhiro TODA, Hiroaki KIMURA

Headache may be a Risk Factor for Complex Regional Pain Syndrome
Clinical Rheumatology 25 (5),728-730, 2006
K. Toda, H. Muneshige, M. Maruishi, H. Kimura, T. Asou

線維筋痛症と脳脊髄液減少症を合併した1例
 広島医学59 (5), 460-463, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

線維筋痛症
 整形外科57 (7), 745-753, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

線維筋痛症と慢性疲労症候群
 広島市内科医会報 59 (July),18-19, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

両肘関節が伸展位で強直した患者が介助なしで食事をする方法
 Journal of Clinical Rehabilitation 15 (11), 1101-1104, 2006
 広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広・喜多村桂子・丸石正治

Antinociceptive effect of linear polarized 0.6 to 1.6 μm irradiation of the lumbar sympathetic ganglia in chronic constriction injury rats
 Journal of Rehabilitation Research & Development 43 (4), 565-572, 2006
  Hiroshi Muneshige, Katsuhiro Toda, Dianli Ma, Hiroaki Kimura, Tomohiro   
  Asou, Yoshikazu Ikuta

アミトリプチリンが著効した診断不能の全身痛
 広島医学59 (10) 760-763, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

線維筋痛症の自殺について
 広島医学59 (11) 842-845, 2006
  広島県立身体障害者リハビリテーションセンター
  戸田克広

Mobilization of bone marrow-derived mesenchymal stem cells into the injured tissues after intraarticular injection and their contribution to tissue regeneration
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 14(12):1307-14, 2006
Agung M, Ochi M, Yanada S, Adachi N, Izuta Y, Yamasaki T, Toda K.


講演
線維筋痛症と慢性疲労症候群
 2006.6.7
 第451回広島市内科医学会学術講演会
 広島市(広島医師会館)

線維筋痛症
 2006.6.8
 岡山大学ペインカンファレンス
 岡山市

発表
就労者における線維筋痛症の有病率
 第79回日本整形外科学会学術総会
 2006.5.18-5.21 横浜市
 広島県立身体障害者リハビリテーションセンターリハビリテーション科
  戸田克広

線維筋痛症とComplex regional pain syndromeの比較
 第17回日本リハビリテーション医学会中国・四国地方会
 2006.5.28 宇部市
 広島県立身体障害者リハビリテーションセンターリハビリテーション科
  戸田克広・丸石正治
 広島大学病院リハビリテーション部
  木村浩彰

就労者における不全型線維筋痛症の有病率
 第43回日本リハビリテーション医学会学術集会
 2006.6.1-3東京都
 広島県立身体障害者リハビリテーションセンターリハビリテーション科
  戸田克広・丸石正治

交通事故後に多発愁訴を生じた患者の検討—線維筋痛症と脳脊髄液減少症—
 第43回日本リハビリテーション医学会学術集会
 2006.6.1-3東京都
 広島県立身体障害者リハビリテーションセンターリハビリテーション科
  戸田克広・丸石正治
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-05 18:43 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line