抗うつ薬は糖尿病を引き起こしやすい

前向き研究。1,644,679人―年の経過観察の中で 6,641例の新たな2型糖尿病。抗うつ薬の使用は年齢補正した三つのコーホート研究において 糖尿病の危険性を高くする (pooled HR 1.68 [95% CI 1.27, 2.23]).高コレステロール血症や高血圧の既往や要因で補正するとその関連は弱くなった(1.30 [1.14, 1.49]), さらに最近のBMIで補正するとさらに弱くなった (1.17 [1.09, 1.25]). SSRIや他の抗うつ薬(主にTCA)は共に糖尿病の危険性を高くし、多変量で補正すると各々のHRsは 1.10 (1.00, 1.22) と1.26 (1.11, 1.42)。

Diabetologia. 2011 Aug 3. [Epub ahead of print]
Use of antidepressant medication and risk of type 2 diabetes: results from three cohorts of US adults.Pan A, Sun Q, Okereke OI, Rexrode KM, Rubin RR, Lucas M, Willett WC, Manson JE, Hu FB.
Department of Nutrition, Harvard School of Public Health, 655 Huntington Avenue, Boston, MA, 02115, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-05 22:52 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line