抗リン脂質症候群に線維筋痛症は多い

・ブラジル。抗リン脂質症候群◆血栓症や流産などを引き起こす抗リン脂質抗体に関連する疾患◆【略】APS
一次性抗リン脂質症候群primary antiphospholipid syndrome (PAPS).症例対照研究には30人の PAPS 患者(the Sapporo基準)と40人の健常者. 人口動態的または臨床的データ, 薬の使用, および抗リン脂質抗体を調べた。FMはACR基準で診断. the Short Form 36 Health Survey (SF-36), Beck Depression Inventory (BDI), FIQを含む生活の質のアンケートとVASを調べた。PAPS患者と対照群の平均年齢、性別、白人の割合は同じ。平均罹病期間は5.4 ± 4.2年. PAPS 中FMの診断は5人 (16.7%) であり対照群では一人もいなかった(p = 0.012). PAPS 患者の方が広範な疼痛の割合が多く(各々53% vs. 0% , p < 0.0001),11以上の圧痛点の割合が多く (各々23% vs. 5%, p = 0.032),圧痛点の総計が多く (各々75 vs. 57, p < 0.0001) 患者一人当たりの圧痛点の数の中央値が多い(各々5 [0-18] vs. 0 [0-11], p < 0.0001). 対照群よりPAPS患者はSF-36のすべての値が低く, FIQ scoresが高く, BDI scoresが高く, BDI resultsの結果で診断された抑うつの割合が多く, VASが高い。FM を合併しないPAPSと比べてFMを合併したPAPSは人口動態的特徴や血栓症の出来事や臨床的な出来事には有意な差はなかったが、FM を合併したPAPS患者はSF-36 dimensionsが低く、FIQが高く (各々82.6 ± 9.6 vs. 33.6 ± 29.8, p < 0.0001) 、VAS scoresが高い(各々6.6 ± 2.97 vs. 3.25 ± 3.11, p = 0.03). BDI scoresは両群で同程度。
omyalgia in primary antiphospholipid syndrome.
Costa SP, Lage LV, Mota LM, de Carvalho JF.
Lupus. 2011 Aug 3. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-06 21:20 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line