抗うつ薬と周産期の出来事には関連なし

SSRIまたはノルトリプチリンを投与された母親と子供21ペア。出産後20、30,36週で母親の抑うつを調べた。結果:へその緒と母親の血中濃度の比は平均 ± SD は母親の薬0.52 ± 0.35 (0.00-1.64の範囲) と代謝産物0.54 ± 0.17 (0.28-0.79の範囲. 21人の母親のうち9人 (43%) は大うつ病. the mean ± SD Structured Interview Guide for the Hamilton Depression Rating Scale, Atypical Depression Symptoms Version score は16.0 ± 7.6. 3分の1 (7/21) の新生児には少なくとも1つの周産期の出来事(perinatal event) (PES ≥ 1)があった. 周産期における出産合併症の頻度はうつ病の母親とうつ病ではない母親で同様。周産期の出来事とへその緒と母親の抗鬱薬の血中濃度の比や母親の抑うつレベルには有意差なし。fluoxetineに比べて半減期の短い抗鬱薬に暴露されると周産期の出来事が多い (7/16 = 44% vs 0/5 = 0%; P = .06). 新生児の40% (3/21) は早産児であった。早産はへその緒と母親の代謝産物の濃度の比、抑うつレベル、fluoxetineへの暴露には関連せず.

J Clin Psychiatry. 2011 Jul;72(7):994-1001.
Mother-infant antidepressant concentrations, maternal depression, and perinatal events.Sit D, Perel JM, Wisniewski SR, Helsel JC, Luther JF, Wisner KL.
Women's Behavioral HealthCARE, Western Psychiatric Institute and Clinic, University of Pittsburgh, 3811 O'Hara St, Oxford 410, Pittsburgh, PA 15213, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-13 14:39 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line