慢性疲労症候群の危険因子

1958年にBritishで生まれた人の出生から42 年間の前向き研究(n = 11 419)。42歳時、自己申告のCFS/ME (n = 127) および操作上定義されたCFS-like illness (n = 241).結果:精神病理学的に補正すると、親の肉体的虐待(odds ratio (OR) = 2.10, 95% CI 1.16-3.81), 子供時代の胃腸症状(OR = 1.58, 95% CI 1.00-2.50)、頻回に風邪を引いたという親からの報告 (OR = 1.65, 95% CI 1.09-2.50) は自己報告のCFS/MEと独立して関連. 女性という性や発病前の精神疾患の合併はCFS-like illnessのみのリスクマーカーであり,精神疾患の合併とは独立している。

Premorbid risk markers for chronic fatigue syndrome in the 1958 British birth cohort.
Clark C, Goodwin L, Stansfeld SA, Hotopf M, White PD.
Br J Psychiatry. 2011 Aug 18. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-27 16:06 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line