むずむず腹

むずむず腹部(RLSの表現型の変異)の3例報告。不快な腹部症状は夜間の安静時に生じ、動かしたい衝動にかられ動きにより症状が軽くなる。患者は腹部症状により入眠障害と睡眠持続障害不眠症が起こる。腹部画像は正常。二次的症状はperiodic leg movements of sleep (PLMS), およびD(2)-D(3) dopaminergic agonistである pramipexole.により劇的に症状が改善。2人は貧血。通常のRLSが一人で生じ用量増加により改善。各人はRLS/PLMSに関連した一般的な危険対立遺伝子であるBTBD9 geneの遺伝同型.

Restless abdomen: A phenotypic variant of restless legs syndrome.
Pérez-Díaz H, Iranzo A, Rye DB, Santamaría J.
Neurology. 2011 Sep 14. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-18 00:05 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line