向精神病薬による突然の心臓死

向精神病薬による突然の心臓死sudden cardiac death (SCD)。Methods and resultsThe use of medication was compared between victims of SCDの犠牲者と急性冠動脈イベントの生存者の間で症例対照研究で比較した、つまり医療司法剖検で急性冠動脈イベントが証明されたSCD犠牲者 (n= 1814, 平均年齢65 ± 11歳) と急性心筋梗塞の生存者 (AMI; n= 1171, 平均年齢66 ± 12 歳)の比較。薬歴は剖検/病院の記録とSCD の犠牲者とAMI 患者の家族からの聞き取りで得られた。抗精神病薬 [9.7 vs. 2.4%, odds ratio (OR) 4.4, 95% confidence interval (CI) 2.9-6.6; P< 0.001] と抗うつ薬 (8.6 vs. 5.5%, OR: 1.6, 95% CI: 1.2-2.2; P= 0.003) の使用はAMI 群よりSCD 群により多かったが、benzodiazepinesの使用は両群で差がなかった (11.7 vs. 13.2%; P= 0.270). 抗精神病薬 の使用は交絡変数で補正しても依然としてSCDの危険因子であった (OR: 3.4, 95% CI: 1.8-6.5; P< 0.001)。フェノチアジン系抗精神病薬と抗鬱薬の併用はSCDの非常に高い危険因子 (OR: 18.3, 95% CI: 2.5-135.3; P< 0.001).
フェノチアジン系抗精神病薬
クロルプロマジン(コントミン、ウインタミン) 、レボメプロマジン(ヒルナミン、レボトミン) 、チオリダジン(メレリル) 、フルフェナジン(フルメジン、デポ剤としてフルデカシン) 、プロペリシアジン(アパミン、ニューレプチル) 、ペルフェナジン(ピーゼットシー、トリホラン、トリオミン)

Psychotropic medications and the risk of sudden cardiac death during an acute coronary event.
Honkola J, Hookana E, Malinen S, Kaikkonen KS, Juhani Junttila M, Isohanni M, Kortelainen ML, Huikuri HV.
Eur Heart J. 2011 Sep 14. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-24 15:11 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line