ケタミン点滴の効果

49人の患者に369回の外来でのketamine点滴を行い、後ろ向き研究。データがないため36回の点滴は除外。18人(37%)はCRPS.残りの31人31 (63%)のうち, 8人は難治性頭痛、7人はひどい背部痛。全員VASが有意に低下、5.9 (standard error [SE] 0.35). CRPSの患者ではVASの低下は7.2 (SE 0.51, P<0.001); 他の疾患ではVASの低下は5.1 (SE 0.40, P<0.001). 群間の差の2.1は有意(SE 0.64 P=0.002). 29人の患者では疼痛改善の期間を記録。the Bernoulli modelを用いると, 難治性の疼痛状態患者での疼痛改善の持続の確率は90%信頼区間で59-85% (3週以上では23-51%). 副作用はわずかであった。

Efficacy of Outpatient Ketamine Infusions in Refractory Chronic Pain Syndromes: A 5-Year Retrospective Analysis.
Patil S, Anitescu M.
Pain Med. 2011 Sep 21. doi: 10.1111/j.1526-4637.2011.01241.x. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-27 22:05 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line