早期の反応は治療結果を予測する

ACR基準を満たすduloxetine-治療FM患者 (N = 797)で二重盲検、偽薬使用の4つの研究からのデータを集める。 the Brief Pain Inventory (BPI)24時間の平均痛みの程度の質問により、どのレベルの痛みの早期改善がその後の反応を最もよく予測するか調べた。治療前から1週まで、2週までのBPI 24-時間の平均痛み改善における10, 15, 20, 25, および30%の改善を予測因子として調べた。1週の時点で15%以上の改善と2週の時点で30%以上の改善が3か月後の改善を示す確率は75%. 1週と2週の時点で共に15%未満の改善しか示さなかった患者が3か月の時点で改善していない確率は86%.

J Pain. 2011 Oct;12(10):1088-94. Epub 2011 Jul 18.
Early improvement in pain predicts pain response at endpoint in patients with fibromyalgia.
Wang F, Ruberg SJ, Gaynor PJ, Heinloth AN, Arnold LM.
Eli Lilly and Company, Neuroscience, Indianapolis, Indiana.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-08 00:24 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line