むずむず脚諸侯群の程度が強いと精神的苦悩が強い

横断研究3つの外来クリニックからの166人のRLS患者の精神的特徴をthe Symptom Checklist 90-R (SCL-90-R) questionnaireで評価. さらにthe Beck Depression Inventory-II (BDI-II)と the International RLS Severity Scale (IRLS)も測定. 治療中、未治療の患者を含むが全員が治療を求める。結果:未治療の患者 (n = 69)はthe SCL-90-R Global Severity Index (GSI; p = 0.002) およびsub-scales somatisation (p < 0.001), 強迫性(p = 0.003), 抑うつ(p = 0.02), および不安(p = 0.004) が一般のドイツ人より高かったが正常の点数。治療群では、特に現在の治療に失望している患者 (n = 62)では, 精神的な苦悩は未治療の患者より高くGSIの点数 (p = 0.03) およびsub-scalesの強迫性(p = 0.006), 抑うつ(p = 0.012), 不安(p = 0.031),敵意 (p = 0.013), 恐怖症性不安障害(p = 0.024), および妄想様観念(p = 0.012)の点数が高い. RLSの第一選択薬であるドパミン作動薬の深刻な副作用であるAugmentation は特にsub-scalesの強迫性と不安の値が正常の人では、精神的な苦悩を伴う。一般的にRLSの程度が強いことは精神的な障害が強いことと相関する (p < 0.001).

Psychological distress of patients suffering from restless legs syndrome: a cross-sectional study.Scholz H, Benes H, Happe S, Bengel J, Kohnen R, Hornyak M.
Health Qual Life Outcomes. 2011 Sep 20;9:73.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-08 00:29 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line