子供の反復性腹痛と線維筋痛症

心身相関の再発性腹痛の6-17 歳の47人の子供のFMの圧痛点と関連するストレスを調べた。治療前後に二つのタイプの圧痛点を調べた。結果:治療前にはすべての子供は最大に近いストレス性の圧痛点を持っていた。8人はFMの診断基準を満たす。ストレス圧痛点の点数とFMの圧痛点の点数は治療前と(R=0.42, P<0.005) 治療後に(R=0.74, P<0.00005)有意に相関. 経過観察時、痛みのない患者は痛みのある患者に比べて、有意にストレス性の圧痛点の点数が低く (P<0.001) FMの圧痛点の点数も低い(P< 0.00001)。まとめ:心身相関の痛みを持つ子供はFMになりやすい。痛みの期間が長いことと痛みの部位が多いことはその危険性が高くなる。よい結果の得られる患者では、ストレス圧痛点とFMの圧痛点の点数は有意に低下する。

Acta Paediatr. 2011 Oct 11. doi: 10.1111/j.1651-2227.2011.02491.x. [Epub ahead of print]
Recurrent pain, stress, tender points, and fibromyalgia in childhood: an exploratory descriptive clinical study.
Alfvén G.
Paediatric Department, Karolinska University Hospital, Stockholm.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-15 15:07 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line