鉄静注のむずむず脚症候群での効果

IV鉄製剤(ferric carboxymaltose, FCM)。28日の, 多施設, 無作為, 偽薬使用研究で46人の RLS患者がすべての治療を中止。24人が500mg FCMを5日間離して二つの量を静注、22人が偽薬。 28日で, 偽薬群は1回1000mg IV FCMを受け、当初の治療に反応しない人は500mg FCMを3回受けた. 24週まであるいはRLSの治療を追加するまで経過観察。結果:偽薬に比べてFCMは有意に一次的又は二次的結果を改善する: International Restless Legs Syndrome study group severity scale (IRLS) の平均 (SD) は8.9低下 (8.52) versus 4.0低下 (6.11), p=0.040; Clinical Global Inventory of Change (CGI-1) は大変又はかなり改善48.3% versus 14.3%, p=0.004. 生活の質も改善。28日の時点で、当初鉄治療を受けた24人中 45%が反応し29%が軽減 (IRLS⩽10), そして治療後24週の時点で25%が他の RLSの治療が不要。 28日の時点で1回の1000mg dose は同量の分割投与と同程度の反応。しかし、当初その量に反応しない人に追加した500mgはほとんど効果がなかった. 有意な副作用はない。

Sleep Med. 2011 Oct 4. [Epub ahead of print]
Clinical efficacy and safety of IV ferric carboxymaltose (FCM) treatment of RLS: A multi-centred, placebo-controlled preliminary clinical trial.
Allen RP, Adler CH, Du W, Butcher A, Bregman DB, Earley CJ.
Department of Neurology, Johns Hopkins University, Baltimore, MD, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-15 20:12 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line