薬を漸増する速度

 線維筋痛症の薬物治療では一つずつ薬を増やすことが重要です。私はトリプタノールは優先的に使用していますが、リリカは8,9番目にしています。
 トリプタノールの場合には患者さんが副作用にどの程度強いか弱いかはわからないため、ほとんど一律に漸増しています。5mgから30mgまでは1週間に5mgずつ増やし、30mgの時点で副作用も鎮痛効果もなければ、以後は1週間に10mgずつ増やしています。の時点で副作用か鎮痛効果があれば50mgまでは1週間に5mgずつ増やし、50mg以降は1週間に10mgずつ増やしています。
 リリカを使う場合には、ある程度の薬を使用していますのでその患者さんが眠気などの副作用にどの程度強いか弱いかある程度分かります。薬を増やす速さと初回投与量は現時点での副作用の程度、副作用に対する患者さんの耐久性(それまで使用した薬に対する反応で判断)、痛みの程度の組み合わせで判断します。現時点で副作用が強い、副作用に対する耐久性が弱い、痛みが軽い場合には薬を増量する速度を遅くしたり初回投与量を減らします。。逆に、現時点で副作用が弱い、副作用に対する耐久性が強い、痛みが強い場合には薬を増量する速度を速くしたり、初回投与量を多くします。。リリカの場合には、漸増の速度をどのようにするかの決定(匙加減)が医師の腕の見せ所です。この匙加減は医師の経験に基づくとしか記載できません。私は通常、初回投与量を25mgにしています。1週間ごとに50mg、75mgと増やします。そこからは前述の要素により増量の速度を変化させます。
 眠気、めまい、ふらつきの副作用は、通一定量の投薬を1-2週間行えば、通常軽減します。それらの副作用に耐えられない場合で、鎮痛効果がなければ、漸減後完全中止します。それらの副作用に耐えられない場合で、鎮痛効果があれば、投薬量を少し減らして様子を見ます。通常眠気の副作用は軽減するので、今度は漸増の速度を遅くして薬を再び増やします。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-17 19:36 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line