むずむず脚症候群の有病率、危険因子、および治療(総説)

総説。総合的な解析ではRLSの有病率は一般人口の5-15% であり、成人の2.5%は薬物治療が必要なほどの強い症状がある。RLSの危険因子は、女性、妊娠、鉄レベルが低いこと、社会経済的状態が低いこと、健康状態が悪いこと、高齢、パーキンソン病の合併、RLSの家族歴、精神疾患の合併。薬物治療と非薬物治療が存在する。
Restless legs syndrome: a comprehensive overview on its epidemiology, risk factors, and treatment.
Yeh P, Walters AS, Tsuang JW.
Sleep Breath. 2011 Oct 26. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-05 16:47 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line