鎮痛補助薬という名称は適切ではない

 鎮痛補助薬という用語があります。抗欝薬、抗痙攣薬など、本来は鎮痛薬として開発されていないが、神経障害性疼痛の鎮痛に有効な薬物です。鎮痛補助薬は神経障害性疼痛に対する鎮痛薬とほぼ同義です。ノイロトロピンは鎮痛補助薬なのかどうかは意見が分かれます。
 鎮痛補助薬という用語はなくしたほうがよいと思います。「鎮痛薬とは。」と尋ねられれば、私は「侵害受容性疼痛の鎮痛薬はロキソニン、ボルタレン、神経障害性疼痛の鎮痛薬はノイロトロピン、トリプタノール、リリカ・・・・」と答えます。侵害受容性疼痛よりも神経障害性疼痛の方が患者数は多いと私は考えています。そのため、鎮痛薬として使用される頻度は神経障害性疼痛の鎮痛薬の方が多いと私は考えています。
 鎮痛補助薬という用語があるから、神経障害性疼痛の鎮痛薬の概念が広がらないと思います。鎮痛補助薬という用語はなくして、神経障害性疼痛の鎮痛薬という用語を広めた方がよいと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-16 22:43 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line