女性では睡眠障害は線維筋痛症の危険因子

方法:研究開始時にFM、筋骨格痛、肉体的な障害のない12,350人の女性の経時的研究 (1984-86). A generalized linear model was used to calculate adjusted relative risks (RR) of FM at follow-up in 1995-97年に経過観察したFMの修正相対危険度adjusted relative risks (RR)を一般化線形モデルで計算。結果:経過観察時に327の女性がFM。用量反応の関連が睡眠障害とFMの危険性に認められ (P for trend, < 0.001)、睡眠障害のない女性に比べるとしばしばあるいは常に睡眠障害のある女性の修正RR は3.43 (95% confidence interval [CI], 2.26-5.19). Agestratified解析によると that women aged =45歳時にしばしばあるいは常に睡眠障害のある女性の修正 RR は5.41 (95% CI, 2.65-11.05), 一方20-44歳時に しばしばあるいは常に睡眠障害のある女性の修正 RRは2.98 (95% CI, 1.76-5.05). まとめ:この前向きのデータは睡眠障害とFMの危険性に強い用量反応の関連を示した。この関連は若い女性より中年あるいは高齢の女性では有意ではないが幾分認められた。

Arthritis Rheum. 2011 Nov 11. doi: 10.1002/art.33346. [Epub ahead of print]
Sleep problems and risk of fibromyalgia: Longitudinal data from the Norwegian HUNT-study.
Mork PJ, Nilsen TI.
Department of Human Movement Science, Norwegian University of Science and Technology, Trondheim, Norway. paul.mork@svt.ntnu.no
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-17 20:51 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line