慢性広範痛症の有病率、筋骨格痛の危険因子

CWPの有病率は 11.4%と 24%の間. 筋骨格痛の危険因子は年齢、性別、喫煙、教育歴が短いこと、肉体活動が低いこと、社会的な交流が少ないこと、家族の収入が少ないこと、抑うつと睡眠障害、肉体労働、最近の移民、非白人、未亡人、離れ離れの結婚、離婚。

Epidemiology of chronic musculoskeletal pain.
Cimmino MA, Ferrone C, Cutolo M.
Best Pract Res Clin Rheumatol. 2011 Apr;25(2):173-83.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-20 00:47 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line