CRPS患者の安静時と精神的又は起立性ストレス時の心拍変動

20 人のCRPS患者と20人の年齢、性別、BMIを一致させた対照群。心拍変動、圧受容器の感度, 血圧, 1回拍出量, 心拍出量, および全末梢抵抗を臥位と60°の tilt-tableで評価。異なる日に、聴覚逐次加算課題による精神的計算ストレステストの最中に心拍変動を測定。結果:安静時と精神的ストレス、起立性ストレスの際には対照群と比べるとCRPS患者は心拍数と心拍変動は減少したが、圧受容器の感度は変化せず。臥位から起立位になる時、対照群と比べるとCRPS患者は心拍出量を保つことができず,全末梢抵抗は大きく増加していた。血流力学的変化は痛みの期間に相関していたが痛みの強さには相関せず。

Heart Rate Variability in Complex Regional Pain Syndrome during Rest and Mental and Orthostatic Stress.
Terkelsen AJ, Mølgaard H, Hansen J, Finnerup NB, Krøner K, Jensen TS.
Anesthesiology. 2011 Nov 14. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-22 21:43 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line