プラミペキソールとレボドパの比較

pramipexole (PPX) とdual release levodopa/benserazide (L/B)の比較。方法:METHODS: 以前治療を受けていない一次性RLSの臨床基準を満たす39 人の25―85歳の男女。無作為二重盲検、二重ダミー、クロスオーバーで4週間の2つの治療を6つのスイスの睡眠センターで比較。PPX 0.25-0.75 mg およびdual-release L/B 125-375 mgで治療. 一次的な結果測定は、ベッドにいる際の周期性四肢運動の周期 (PLM index, PLMI). 二次的な結果は患者が評価したthe International RLS Study Group Rating Scale (IRLS)の変化.結果:pramipexoleと dual-release L/Bは PLM とRLS症状の減少に有効. PLMI の減少の平均はPPX で-11.5、L/Bで -7.7 for L/B (治療前は21.1 and 21.5),および and the mean IRLS scoreの減少の平均は -7.2 と-4.0 (治療前は20.8 and 21.1). IRLS score >20の患者では (38%), PLMIの減少は PPX (-8.5)の方がL/B (-4.3)より有意に大きかった(p = 0.047). "症状悪化augmentations" と"不随意運動" はL/Bで多く, "吐き気と嘔吐" および"低血圧とめまい" はPPXで多かった。

Pramipexole versus dual release levodopa in restless legs syndrome: a double blind, randomised, cross-over trial.論文あり
Bassetti CL, Bornatico F, Fuhr P, Schwander J, Kallweit U, Mathis J.
Swiss Med Wkly. 2011 Nov 21;141:w13274. doi: 10.4414/smw.2011.13274.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-26 16:26 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line