診断のみを希望する患者さん

 線維筋痛症患者さんの中には診断のみを希望し、治療を希望しない人がいます。遠方(兵庫県以東や福岡県以南、四国)に住む患者さんでは診断のみを希望する人の割合が高くなります。遠方の患者さんでは通院は困難です。その場合には、「私の書いた本(線維筋痛症がわかる本)を医師に見せて、その通りに治療してもらえるように頼んでください。」とお話しています。内科医や整形外科医であればその本を読めばすぐに線維筋痛症の治療ができるようになっています。私はいつの間にか線維筋痛症を専門にするようになりましたが、当初は少数の論文を読んだのみで見よう見まねで診断を行ったのです。当時は現在ほど有効な薬も多くはありませんでした。その本を読めば、私が2004年に線維筋痛症の診療を開始した際よりは豊富な知識を得ることができます。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-28 20:12 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line