線維筋痛症を抜きにした腰痛の議論はナンセンス

 テレビや学会で腰痛を専門家が語る場面をしばしば見受けます。線維筋痛症の概念を全く知らず、腰痛の原因はほとんどすべて腰に存在するという前提の話は論外です。中には線維筋痛症に近い疑念を述べる専門家もいますがそれでは不十分です。自分たちのデータのみで線維筋痛症に近い概念を語っても不十分です。線維筋痛症を知らなければそれよりも広い概念であり患者数の多い慢性広範痛症や慢性局所痛症は当然知りません。ましてや中枢性過敏症候群は全く知りません。「腰痛にはストレスが関与している。」では不十分です。日本以外の先進国では線維筋痛症は常識です。つまり、日本以外の先進国からは線維筋痛症に関する膨大な数の英語論文が出ています。つまり、膨大な情報の蓄積が線維筋痛症において行われています。日本の医師が束になってかかってもその情報量には敵いません。医師の人口が違いすぎます。ましてや自分の医療機関で得られた情報のみでは、線維筋痛症の情報の足元にも及びません。全世界の英語で書かれた腰痛の論文を集めればある程度の情報量にはなりますが、線維筋痛症の情報量の方が多いと思います。
 日本における腰痛の専門家は線維筋痛症を認めて、英語論文により蓄積された膨大な情報を患者さんのために役立だてて欲しいと思います。
 脊椎の手術の専門家のなかには、線維筋痛症をインチキ扱いする人が少なくありません。
手術の専門家であることは事実ですが、線維筋痛症をインチキ扱いして腰痛の専門家であることには無理があります。
 がんばれ、腰痛の専門家。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-30 22:06 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line