慢性疲労症候群患者の心機能は低下

起立不耐症Orthostatic intolerance (OI)。CFS患者を起立不耐症の有無により26人 (57%) のCFSOI(+)と20人 (43%) のCFSOI(-) に分ける。さらに11人の OI 患者と27人の年齢、性別を一致させた対照群を研究。 左心室Left ventricular (LV)の容積と機能を心エコー検査で調べた。結果:
The mean values of cardiothoracic ratio心胸郭比, 全身の収縮期圧と拡張期圧, LVの拡張終期容積、LVの収縮終期容積, 一回拍出量係数, 心係数, およびLV mass indexの平均値はCFSOI(+)患者ではCFSOI(-) 患者や健常人より有意に少なく、起立不耐症患者は健常者より有意に少ない。LVの拡張終期容積が小さいこと(<40 mm) は有意に(P<0.05) CFSOI(-) (5%)患者よりCFSOI(+) (54%) 患者に多く、健常者 (4%)より起立不耐症患者(45%)に多い。心係数が低いこと(<2 L/min/mm(2) ) はCFSOI(+) (65%)の方が有意に CFSOI(-) (5%, P<0.01)より多く, 起立不耐症患者(27%)の方が健常者 (11%, P<0.01)より有意に多い.

Clin Cardiol. 2011 Nov 28. doi: 10.1002/clc.20962. [Epub ahead of print]
Small Heart With Low Cardiac Output for Orthostatic Intolerance in Patients With Chronic Fatigue Syndrome.Miwa K, Fujita M.
Department of Internal Medicine, Miwa Naika Clinic, Toyama.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-02 17:38 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line