むずむず脚症候群の中国での有病率7.2%

16歳以上の人2101人を中国の一つの町で自宅で直接面接。アンケートに答えてもらう。結果: RLSの有病率は7.2%.男性より女性の有病率が高く、年齢と共に増加する。糖尿病、貧血、関節炎、静脈瘤はRLSと関連する. 152人の患者のうち, 21.7%は強度のRLS. 多変量解析を行うと、RLSの症状の強さは罹病期間、1日あたりの喫煙本数、仕事に関連した肉体機能と強く関連するが、余暇時間の肉体機能とは負の相関。

A community-based investigation on restless legs syndrome in a town in China.
Li LH, Chen HB, Zhang LP, Wang ZW, Wang CP.
Sleep Med. 2011 Dec 13. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-23 12:42 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line