複合性局所疼痛症候群におけるMRI,単純レントゲン、骨シンチの有用性の比較

CRPS type Iの診断のための3つの異なる画像診断(MRI,単純レントゲン、骨シンチ)の有効性の評価の無作為振り分けのメタ解析。24の研究、1,916人.結果:各画像診断の有効性の評価のために平均特異度、感度、陰性予測値、陽性予測値を決め、それらをariance statistical testにより統計的に比較した。MRIや単純レントゲンに比べると三相性骨シンチは有意に優れた感度と陰性予測値を持つ。分散検定による解析では特異度と陽性予測値には有意差はない。

Meta-Analysis of the Imaging Techniques for the Diagnosis of Complex Regional Pain Syndrome Type I.
Cappello ZJ, Kasdan ML, Louis DS.
J Hand Surg Am. 2011 Dec 14. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-23 14:56 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line