線維筋痛症の年齢別有病率は逆V字

 線維筋痛症FMの年齢別有病率を調べた研究がいくつかあります。FMの約8割は女性であるため女性に限定して話を進めます。十代後半から年齢と共に有病率は増加します。ピークは研究により異なりますが50-80歳でピークになり、以後は年齢とともに有病率は減少します。
 10代後半から50-80歳までは年齢とともに有病率が増加することは何となく理解できます、50歳頃になれば自分自身の健康問題、子供の進学や結婚、親の介護、夫の定年などの問題が出てきます。強姦される女性の頻度も50歳頃までは年齢とともに増加するでしょう。仕事上での過労の頻度も増えるでしょう。リストラの対象にもなりやすいでしょう。しかし、ピークを過ぎると有病率が年齢と共に減る原因は私には理解できません。
 高齢者では有病率が減少しますが、これは高齢者では線維筋痛症患者が減ることを必ずしも意味しません。実は、有病率の研究の対象者は自宅に住んでおり、痛みのアンケートや圧痛点の診察が可能な人なのです。つまり、病院に入院していたり、老人ホームや施設に入所している人はこの研究に含まれません。また、自宅に住んでいても、自分の痛みを正確に訴えることができなかったり、圧痛点の診察時に「痛い」ということのできない人、つまり認知症のひどい人はこの研究には含まれません。
 そのため、高齢者の有病率が減少する原因としては以下の可能性があります。
1:高齢者では線維筋痛症の症状が軽減するため、線維筋痛症患者が減少する。
2:高齢の線維筋痛症患者は寝たきりになりやすく、その結果自宅には住めなくなる可能性が高い。つまり、病院に入院していたり、老人ホームや施設に入所する可能性が高くなる。
3:高齢の線維筋痛症患者は寝たきりになりやすく、たとえ自宅に住んでいても認知症になりやすい。
4:高齢の線維筋痛症患者は寝たきりになりやすい。原因は何にせよ、寝たきりになった高齢者は合併症により死亡する確率が高くなる。
 この原因が何であるのかは現時点ではよくわかっていません。

 児童の有病率はそれらの研究では報告されていません。それらの研究からは児童の有病率は成人のそれよりかなり低いことが予想されます。しかし、児童のみを調べた研究では、むしろ成人の有病率よりもかなり高い有病率が報告されています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-29 20:20 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line