韓国での地域住民の(慢性)広範痛症の有病率

韓国。田舎と都会の地域で5,037人を調べた。参加者は大部分の日で痛み、aching、又はこわばりが関節にあるかどうかを尋ねられた。Widespread painは腰より上、腰より下、左右の半身、the axial regionの痛みと定義。widespread painの有病率は12% (女性16.2%、男性5.5%). 女性に多く、両性とも年齢と共に増加。多変量解析後、年齢、女性、手か膝の関節炎がwidespread painに有意に関連。交絡因子で補正すると、精神的な健康を除外するとSF-12の全ての項目はwidespread pain群では悪影響であった。

J Korean Med Sci. 2012 Jan;27(1):16-21. Epub 2011 Dec 19.
Prevalence of widespread pain and its influence on quality of life: population study in Korea.
Cho NH, Kim I, Lim SH, Kim HA.
Department in Preventive Medicine, Ajou University School of Medicine, Suwon, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-07 10:45 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line