むずむず脚症候群における中脳辺縁系のD2/3受容体

pramipexoleによるD2/3受容体刺激後の臨床症状の改善によるbinding potential (BP(ND)) of [(11)C]racloprideの比較を比べることにより特発性RLS(iRLS)の臨床症状に対するD2/3受容体の寄与を確かめた。8人の薬を使用していないiRLS患者と年齢を一致させた健常人をPETで調べた。PET後に, 全患者はpramipexole (0.125 mg)を2週間経口投与。患者は毎日標準的な臨床テストを受けた。BP(ND) の値をregions of interest とvoxel-based methodsで比べた。中脳辺縁系のドパミン分布範囲(側坐核と尾状核)内の[(11)C]raclopride BP(NDの平均強度はiRLS群で有意に低い。被殻では両群に有意な差はなかった。iRLS群において、側坐核の[(11)C]raclopride BP(ND)レベルは臨床的な強度点数とは負の相関であり治療後の改善の程度とは正の相関。

In vivo mesolimbic D2/3 receptor binding predicts posttherapeutic clinical responses in restless legs syndrome: a positron emission tomography study.
Oboshi Y, Ouchi Y, Yagi S, Kono S, Nakai N, Yoshikawa E, Futatsubashi M, Terada T, Kim K, Harada K.
J Cereb Blood Flow Metab. 2012 Jan 11. doi: 10.1038/jcbfm.2011.201. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-14 21:09 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line