炎症や免疫のむずむず脚症候群への関与(仮説)

小腸細菌異常増殖small intestinal bacterial overgrowth (SIBO)。54の疾患、症候群。、状態はRLSの原因になるかそれを悪化させると報告されている。そのうち38は対照群よりも高率と報告されており、9つは適切な患者数であり一般的にRLS-関連の状態として認めれれており、7つは症例報告として報告されている。47の RLS-関連の状態のうち42 (89%)は炎症 and/or 免疫の変化と関連がある。さらに43% は末梢の鉄欠乏に関連あり、40%は末梢性neuropathyと関連があり、32%は小腸細菌異常増殖と関連あり。残った状態の大部分はこれらの因子として研究されている。RLSと高度に密接な関連のある38の状態の95%は炎症/免疫変化と関連があると言う事実はRLSはこれらの機序により介在されるあるいは影響される可能性を示唆する。炎症は鉄欠乏の原因かも知れず、中枢性神経系の鉄欠乏がRLSを引き起こすかもしれない。あるいは胃腸の細菌やたの抗原に対する免疫反応が中枢神経系や末梢神経系への直接の免疫的攻撃によりRLSを引き起こすのかもしれない。

Restless legs syndrome - Theoretical roles of inflammatory and immune mechanisms.
Weinstock LB, Walters AS, Paueksakon P.
Sleep Med Rev. 2012 Jan 16. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-21 19:53 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line