持続的携帯型腹膜透析と透析におけるむずむず脚症候群

持続的携帯型腹膜透析continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD)。透析hemodialysis (HD)。終末期腎疾患end-stage renal disease (ESRD)。58人の HDと 28人の CAPD患者。睡眠医学に熟練の神経科医が直接面談でRLS の診断を行った。HD 患者の方がCAPD患者よりも (19 vs. 10.7%)RLSの有病率は少し高い。HD患者では腎臓症状の発生の後にRLSが発生するようである; これに対して, CAPD患者ではRLSは腎疾患よりも先行する。5人のHD患者ではRLS症状は透析中ずっと継続する. HD患者においてRLS症状のない人に比べて RLS症状のある者は1週間あたりの HDの平均回数が多く、HDの時間が長い。CAPD患者においては RLS症状のない人に比べて RLS症状のある者は女性の割合が有意に多い。HD とCAPD の両方に罹患した者ではRLSを頻繁に罹患。両群でRLS は睡眠を障害するが、dopaminergic作動薬の使用は我々の症例では一般的ではない。HD患者では透析スケジュールはRLSと関連するが, CAPD患者の中では女性という性はRLSに関連する。

Neurol Sci. 2012 Jan 22. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in dialysis patients: a comparison between hemodialysis and continuous ambulatory peritoneal dialysis.
Merlino G, Lorenzut S, Romano G, Sommaro M, Fontana A, Montanaro D, Valente M, Gigli GL.
Department of Neurosciences, Santa Maria della Misericordia University Hospital, Udine, Italy,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-28 21:54 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line