三相性骨シンチのCRPSにおける有用性

三相性骨シンチThree-phase bone scintigraphy (TPBS)の診断能力を再評価。提案されたBudapest研究基準 (the 2003年の Budapest研究基準)に基づく新しいTPBS基準。方法: 228人の医療記録をBudapest研究基準により後ろ向きに調べた。そのうち116人を本研究の対象、116人中69人はBudapest研究基準でCRPSと診断された。cの診断能力を感度、特異度、positive and negative likelihood ratiosで評価し, Budapest研究基準を用いてand new criteria for TPBS用の新しい基準を作った。結果:Budapest研究基準によるBudapest研究基準のCRPS診断基準の感度、特異度、positive and negative likelihood ratiosは各々40.0, 76.5, 1.73,および 0.78。さらにTPBS でのD-D-D, D-D-S, とD-D-I パターン[I, II, およびIII相の取り込みが、減少decreased (D), 左右対称(S), 又は増加(I)] はCRPSであることを予測させる.

Analysis of patterns of three-phase bone scintigraphy for patients with complex regional pain syndrome diagnosed using the proposed research criteria (the 'Budapest Criteria').
Moon JY, Park SY, Kim YC, Lee SC, Nahm FS, Kim JH, Kim H, Oh SW.
Br J Anaesth. 2012 Jan 30. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-04 14:06 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line