インドのIT従事者での線維筋痛症は8.5%

インドのIT産業従事者。office ergonomicsが悪いこと (54%), キーボードの受け皿がないこと (25%), マウスの受け皿がないこと(35%), フットレストがないこと (60%), モニターの高さが不適切なこと(80%) が個人が報告した危険因子。主な筋骨格障害はMyofascial Pain Syndrome (49.20%), 胸郭出口症候群 (25.02%), FM (8.5%). 障害された部位は頚(64.9%), 肩(42.1%), 腰(56.5%) および大腿(34.2%).

Work. 2012 Jan 1;41(0):5702-4.
Risk factors, clinical features and outcome of treatment of work related musculoskeletal disorders in on-site clinics among IT companies in India.
Sharan D, Ajeesh P, Rameshkumar R, Jose J.
Address for correspondence: RECOUP Neuromusculoskeletal Rehabilitation Centre, Bangalore, India.

対象の人数の記載がない。8.5%とは対象者の8.5%なのであろうか。もしかすると筋骨格障害を訴える者の8.5%かもしれない。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-11 16:37 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line