変形性関節症へのサインバルタの鎮痛効果

13週間のduloxetine 60― 120 mg/日の2つの無作為偽薬使用の二重盲検法に基づきFDAはduloxetineをOAに関連した慢性痛に使用することを許可した 。治療終了時に痛み点数の軽減、肉体機能の改善、主観的な改善が30%以上あるいは50%以上の臨床的に意味のある改善を経験した割合はduloxetineで42% ―67%、対照群で26%― 50%, 偽薬に対するduloxetine のnumber needed to treat (NNT) は7。Duloxetineの最も多い副作用は吐気(8.4% vs 2.0%、duloxetine と偽薬), 疲労(各々6.7% vs 0.8%), および便秘(各々6.3% vs 0.8%), number needed to harm (NNH) は各々16, 17,および 19。Likelihood to be helped or harmed (LHH) は1を超える。

Postgrad Med. 2012 Jan;124(1):83-93.
A systematic review of duloxetine for osteoarthritic pain: what is the number needed to treat, number needed to harm, and likelihood to be helped or harmed?
Citrome L, Weiss-Citrome A.
Clinical Professor of Psychiatry and Behavioral Sciences, New York Medical College, Valhalla, NY; Private Practice, Pomona, NY
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-11 18:14 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line