透析中のむずむず脚症候群へのビタミンCとEの効果

60人の安定した透析患者でthe International Restless Legs Syndrome Groupの開発したRLSの4つの基準を満たし急性疾患や腎結石のない患者を 無作為に毎日8週間、vitamin C (200mg) とvitamin E (400mg), vitamin C (200mg) と偽薬, vitamin E (400mg) と偽薬,二つの偽薬の4群15人ずつの群に分ける。 International Restless Legs Scale (IRLS) scores を治療前と治療後に測定。一次的な結果はIRLS 合計点数の治療前から治療後の絶対値の変化。結果: IRLS合計点数の平均値は vitamins C とE (10.3±5.3, 95%CI: 7.4-13.3), vitamin C と偽薬(10±3.5, 95%CI: 8.1-11.9), およびvitamin E と偽薬(10.1±6, 95%CI: 6.8-13.5)は二つの偽薬群(3.1±3, 95%CI: 1.5-4.8)に比べると有意に減少 (P<0.001);しかし3群の間では差がない。

Sleep Med. 2012 Feb 6. [Epub ahead of print]
Efficacy of vitamins C, E, and their combination for treatment of restless legs syndrome in hemodialysis patients: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial.
Sagheb MM, Dormanesh B, Fallahzadeh MK, Akbari H, Sohrabi Nazari S, Heydari ST, Behzadi S.
Shiraz Nephro-Urology Research Center, Shiraz University of Medical Sciences, Shiraz, Iran.

 この論文にはもう一つの意義があります。ある疾患に有効な薬AとBがあった場合、AとBを組み合わせても有効性は必ずしも強くならないことをこの研究は示しています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-11 20:33 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line