パニック障害におけるランドセン、リボトリールとパキシルの効果と副作用

広場恐怖の有無にかかわらずパニック障害患者において8週間の無作為振り分け非盲検試験でclonazepam (ランドセン、リボトリール)(N = 63) およびparoxetine (N = 57)の効果と安全性を比較した。効果の評価はパニック発作の数、clinical global impression (CGI) の改善improvement (CGI-I) およびCGI の強度severity (CGI-S)スケールによるパニック障害の全般的な高度の臨床評価で行った。大部分の患者は女性 (clonazepam 69.8%およびparoxetine 68.4%)であり年齢 (mean ± SD) はclonazepam 群では35.9 ± 9.6歳、paroxetine では33.7 ± 8.8歳。clonazepam versus paroxetine の治療成績は4週間での1週間あたりのパニック発作の数は少なく(各々0.1 vs 0.5,; P < 0.01),8週間での臨床的な改善は 大きい(CGI-I: 1.6 vs 2.9; P = 0.04)。不安の強さは1,2週ではclonazepam の方がparoxetineより有意に低下しており, パニック障害の強度には差がない。clonazepamで治療された患者はparoxetineで治療された患者より副作用が有意に少ない (73 vs 95%; P = 0.001)。clonazepam群の最も多い副作用は眠気/疲労 (57%), 記憶障害/集中力障害(24%), および性機能障害(11%)でありparoxetine群では眠気/疲労 (81%), 性機能障害 (70%), および吐気/嘔吐 (61%)。

Braz J Med Biol Res. 2011 Apr;44(4):366-73. Epub 2011 Feb 18.
Psychopharmacotherapy of panic disorder: 8-week randomized trial with clonazepam and paroxetine.
Nardi AE, Valença AM, Freire RC, Mochcovitch MD, Amrein R, Sardinha A, Levitan MN, Nascimento I, de-Melo-Neto VL, King AL, de O E Silva AC, Veras AB, Dias GP, Soares-Filho GL, da Costa RT, Mezzasalma MA, de Carvalho MR, de Cerqueira AC, Hallak JE, Crippa JA, Versiani M.
Laboratório de Pânico e Respiração, Instituto de Psiquiatria, Universidade Federal do Rio de Janeiro, RJ, Brasil. antonionardi@terra.com.br

注目すべきはパロキセチンによる性機能障害の頻度の多さです。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-11 23:40 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line