慢性疲労症候群の運動恐怖症

CFS患者がアンケートに答え, 運動の前後に心拍数をモニターしながら運動を行い(階段を2階分上り下りする)、階段昇降直後の症状を評価。試験日と7日後の間のリアルタイムの活動をモニター。結果: 運動恐怖症と疲労を大げさに言うことは強く (各々ρ = 0.62と 0.67) 階段昇降の結果が悪いこと(時間がかかること)と関連する. 運動恐怖症と疲労を大げさに言うことは、検査当日とその後の7日間の肉体的活動量には関連せず。

Kinesiophobia, catastrophizing and anticipated symptoms before stair climbing in chronic fatigue syndrome: an experimental study.
Nijs J, Meeus M, Heins M, Knoop H, Moorkens G, Bleijenberg G.
Disabil Rehabil. 2012 Feb 12. [Epub ahead of print]

catastrophizingの日本語訳がよくわかりません。大げさに言うことでよいのでしょうか。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-18 12:16 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line