むずむず脚症候群におけるレキップによる症状悪化の割合

Ropinirole(レキップ)または偽薬を使用した 26週間の二重盲検法の、可変量の治療後40週のopen-label ropinirole治療を行う。症状増悪(augmentation)の機能のない患者のみ。the Structured Interview for the Diagnosis of Augmentation およびthe Augmentation Severity Rating Scale および副作用の報告で症状増悪を判定した。症状悪化のNIH診断基準を用いて専門委員会がブラインドで判定。404人の患者が二重盲検法に参加し、269人が open-label研究に参加し,これは42%が中断したことを示す。治療前のIRLS点数は二重盲検法中止時には ropiniroleでは(mean ± SE) -15.9 ± 0.76ほど減少し, 偽薬では-13.4 ± 0.77ほど減少(P < .05) そしてopen-label 研究では-20.4 ± 0.55ほど減少。症状悪化の発生率はropiniroleでは3.5%であり、偽薬では1%未満、open-label 研究では3%。臨床的に有意な症状悪化は各々、3%, <1%, および2%。症状悪化の起こった患者14人中7人(50%)が治療中止。偽薬よりもropinirole の方が症状悪化の発生率は3.1%(3.1ポイントと思われる:訳者注)高い。

Mov Disord. 2012 Feb;27(2):277-83. doi: 10.1002/mds.24889. Epub 2012 Jan 4.
Systematic evaluation of augmentation during treatment with ropinirole in restless legs syndrome (Willis-Ekbom Disease): Results from a prospective, multicenter study over 66 weeks.1
García-Borreguero D, Högl B, Ferini-Strambi L, Winkelman J, Hill-Zabala C, Asgharian A, Allen R.
Sleep Research Institute, Madrid, Spain
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-18 13:24 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line