不完全型線維筋痛症

外来に紹介され我々がFMSと診断した患者600人中112人(18.7%)はthe 1990 ACR criteriaを満たしておらず、incomplete FMS (IFMS)に分類。IFMS とFMSの症状は同様でありIFMS群の方が自覚症状の頻度が少なく軽度。 IFMS患者の中では, widespread pain (WSP)と圧痛点の要素のサブグループ内で有意差なし。圧痛点とWSPはFMSの重要な特徴。まとめ:外来では the ACR 1990 criteriaを満たすかどうかは FMS の診断には必要ではない。

J Clin Rheumatol. 2012 Feb 12. [Epub ahead of print]
The Concept of Incomplete Fibromyalgia Syndrome: Comparison of Incomplete Fibromyalgia Syndrome With Fibromyalgia Syndrome by 1990 ACR Classification Criteria and Its Implications for Newer Criteria and Clinical Practice.
Yunus MB, Aldag JC.
From the Department of Medicine, University of Illinois College of Medicine at Peoria, Peoria, IL.

  IFMSとは身体5か所に痛みがあるが圧痛点の数が10以下、または圧痛点の数が11以上であるが身体5か所には痛みがないことを、本文中で意味しています。圧痛点の数が10以下であり身体5か所には痛みがないこともそれに含めるべきと私は考えています。
 従来使用されている用語であるchronic widespread painやchronic regional painという用語を用いていません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-24 19:12 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line