抗うつ薬の神経免疫内分泌効果

抗うつ薬には神経免疫内分泌効果あり。抑うつ患者には、免疫系の過剰活動を伴ったcorticosteroidsの増加,炎症性cytokinesの増加, 血漿や尿のmelatoninの低下, 日内リズムの異常が報告されており、抗うつ薬はそれを改善したり、少なくともその変化を阻害する。
Neuropsychiatr Dis Treat. 2012;8:65-83. Epub 2012 Feb 7.
Neuroimmune endocrine effects of antidepressants
Antonioli M, Rybka J, Carvalho LA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-26 10:57 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line