骨折後の複合性局所疼痛症候群の発生率、危険因子

オランダの3つの病院の救急室から選別した手関節、舟状骨、足関節、第5中足骨の単純骨折の596 人の患者(18歳以上)による前向き、多施設コホート研究 。596人中, 42人 (7.0%)がHarden and Bruehl 基準でCRPS1 と診断され, 289人 (48.5%)がthe International Association for the Study of Pain基準で診断され, 127人 (21.3%) がVeldman基準で診断された。医学的および人口統計学的な差の解析により後にAn analysis of the medical and demographic differences revealed that patients in whom CRPS1に罹患した患者はより高頻度に関節内骨折、脱臼骨折、関節リウマチ、筋骨格合併症に罹患。 足関節の骨折や脱臼骨折、関節内骨折は有意にCRPS1の進展しやすい. No CRPS1 ではない患者では12か月の時点で症状がない (T3). CRPS1患者はCRPS1ではない患者より有意に痛みが強い (P<.001). 単純骨折後のCRPS1の診断の発生率は用いられた診断基準による。骨折後, 7%の患者がCRPS1になり、そうではない患者は1年経過した時点で症状はない。

Pain. 2012 Feb 29. [Epub ahead of print]
Demographic and medical parameters in the development of complex regional pain syndrome type 1 (CRPS1): prospective study on 596 patients with a fracture.
Beerthuizen A, Stronks DL, Van't Spijker A, Yaksh A, Hanraets BM, Klein J, Huygen FJ.1請求
Department of Medical Psychology and Psychotherapy, Erasmus MC, Rotterdam, The Netherlands.
a.beerthuizen@erasmusmc.nl
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-10 21:59 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line