慢性疲労症候群のストレス対処と疲労レベルの関連

117人のCFS患者が血液と唾液の検体を提出し, 自己報告の精神的苦悩の大きさ、認知したストレスへの対処法(perceived stress management skills :PSMS),および疲労を調べた. 血漿interleukin-1-beta (IL-1β, IL-2, IL-6, IL-10, and tumor necrosis factor-alpha (TNF-α), および日中の唾液のcortisolを測定。経免疫異常がある及びそれがないCFS患者においてPSMS, 精神的苦悩, 及び疲労の関連を調べた。結果:大きなPSMSは少ない疲労 (p=.019) 少ない精神的苦悩(p<.001), 大きな日中のcortisol 勾配(p=.023) 及び低いIL-2 levels (p=.043)に関連。IL-6が最も多い三分位のCFS患者ではPSMS および精神的苦悩は疲労レベルに最も強く関連し, 循環するIL-6が最も多く炎症性 (IL-6):抗炎症性(IL-10) cytokineの比が大きい 患者では、精神的苦悩はPSMS と疲労の関連を最も強く介在する

Brain Behav Immun. 2012 Mar 6. [Epub ahead of print]
Stress management skills, neuroimmune processes and fatigue levels in persons with chronic fatigue syndrome.
Lattie EG, Antoni MH, Fletcher MA, Penedo F, Czaja S, Lopez C, Perdomo D, Sala A, Nair S, Fu SH, Klimas N.
Department of Psychology, University of Miami, FL, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-17 20:04 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line