慢性疲労症候群へのLR-3作動薬であるrintatolimodの効果

衰弱したChronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME)患者におけるTLR-3作動薬であるrintatolimod (Poly I: C(12)U)の効果を調べた。方法と結果:234人の長期罹患の衰弱した CFS/ME患者で12か所において、Phase III の前向き、二重盲検、無作為振り分け、偽薬使用の研究で週2回のrintatolimod静注と偽薬静注を比較 した。主要な評価項目は治療前から40週での患者内の運動負荷試験(exercise tolerance:ET)の変化。 二次的な評価項目は併用された薬の使用, the Karnofsky Performance Score (KPS), Activities of Daily Living (ADL), およびVitality Score (SF 36)を含む。包括解析によりrintatolimodを40週間内服した患者は、患者内の偽薬で補正したET が治療前より21.3%改善 (p = 0.047)。用量を減らした患者では偽薬で補正したETは28%増加 (p = 0.022). その改善は少なくとも約2倍は医学的に有意であると監督官庁によりみなされた。rintatolimod コホートvs. 偽薬はCFS/MEの症状を緩和することを目指す患者によって一般的に使用されている薬への依存を減らした (p = 0.048). クロスオーバーで偽薬からrintatolimodに変更になった患者は24週の時点でET が患者内で改善(p = 0.04). Rintatolimod を1週間に2回、400 mg 静注することは一般論としてよく耐えられる。


癌免疫治療としてTLR3アゴニスト:自分の長年の研究の興味はAmpligen ®(ポリC12U rintatolimod、ポリI)の可能性を評価するために当社との積極的な協力の基礎を形成する。http://www.news-medical.net/news/20100326/166/Japanese.aspx


PLoS One. 2012;7(3):e31334. Epub 2012 Mar 14.
A Double-Blind, Placebo-Controlled, Randomized, Clinical Trial of the TLR-3 Agonist Rintatolimod in Severe Cases of Chronic Fatigue Syndrome.Strayer DR, Carter WA, Stouch BC, Stevens SR, Bateman L, Cimoch PJ, Lapp CW, Peterson DL; the Chronic Fatigue Syndrome AMP-516 Study Group, Mitchell WM.
Hemispherx Biopharma, Inc., Philadelphia, Pennsylvania, United States of America.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-23 15:45 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line