タイのパーキンソン病患者におけるむずむず脚症候群の有病率

インタビューしたタイの183人のパーキンソン病患者のうち3人 (1.6%)がRLSの症状に一致。血清ferritinが 31.9 ng/ml の一人の患者を除外すると, 有病率は0.98%に低下. 以下の変数はRLS群と非RLS群で差がない:年齢、性別、パーキンソン病の発病年齢、PDの罹病期間、Hoehn and Yahr stage, 血清ferritinレベルとドパミン作動薬の投与量と投与期間。¥視床下核の深部脳刺激を受けた患者5人にはRLSはいなかった。

J Med Assoc Thai. 2012 Feb;95(2):175-80.
The low prevalence of primary restless legs syndrome in Thai Parkinson's disease patients at Chulalongkorn University Hospital.
Jagota P, Asawavichienjinda T, Bhidayasiri R.
Chulalongkorn Parkinson's Disease and Related Disorders Center of Excellence, Faculty of Medicine, Chulalongkorn University, Thai Red Cross Society, Bangkok, Thailand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-23 17:41 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line