むずむず脚症候群は心血管疾患の危険因子ではない

前向きコホート研究。当初、45歳以上の29756人の 女性の医療専門家と40歳以上の19182人の男性医師。主要な結果は主要な心血管疾患(CVD)の発生; 二次的な結果は心筋梗塞, 脳卒中, CVDや冠血行再建による死亡の発生率。結果:3487 (11.7%) 人の女性と1373 (7.2%)人の男性がRLSのInternational Restless Legs Study Group criteriaを満たした。Women's Health Study (WHS)では450人に主要なCVD が起こり、Physicians' Health Study (PHS)では1064人に主要なCVDが起こった。両方のコホートでは
RLSは、主要なCVD, 脳卒中, 心筋梗塞, CVD死亡又は冠血行再建の危険性増加には関連せず。主要な血管危険因子で補正すると, 女性での主要なCVD のHRs (95% CI) は 1.15 (0.88-1.50) 、男性では1.01 (0.81-1.25).
女性での全脳卒中 の多変量で補正したHRs は1.29 (0.91-1.82) であり男性でのCVP死亡の多変量で補正したHRs は1.22 (0.87-1.70。Excluding participants with comorbidities potentially leading to RLSになりやすい合併症を持った人を除外してもこの結果を変えなかった。

BMJ Open. 2012 Mar 23;2(2):e000866. Print 2012.
Restless legs syndrome and risk of incident cardiovascular disease in women and men: prospective cohort study.
Winter AC, Schürks M, Glynn RJ, Buring JE, Gaziano JM, Berger K, Kurth T.
Division of Preventive Medicine, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-29 22:45 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line