serotonin受容体親和性の高い抗うつ薬は出血を引き起こしやすい

New England healthcare systemのデータベースを用いた。大うつ病(MDD)と診断されSSRI、SNRI、その他の新世代の抗うつ薬一つを使用された患者が310万人のNew England healthcare system加入者の中で36 389人いた。急性肝不全、急性腎不全、喘息、乳がん、股関節の骨折を含む出血やその他の血管合併症の割合を調べた。serotonin transporter に親和性の高い抗うつ薬を使用した21462人中601人に胃腸出血があり、serotonin transporter に親和性の低い抗うつ薬sを使用した14927人中333人に胃腸出血があった (adjusted RR: 1.17, 95% CI 1.02 to 1.34). 同様に、serotonin transporter に親和性の高い抗うつ薬を使用した群の中で776人が 脳卒中に罹患し、serotonin transporter に親和性の高低い抗うつ薬を使用した群の中で434人が 脳卒中に罹患した(adjusted RR: 1.18, 95% CI 1.06 to 1.32)。急性肝不全、急性腎不全、喘息、乳がん、股関節骨折を含む推測的なnegative controlには有意な結果はなかった。合併症の危険性の高い患者にはserotonin受容体親和性の低い抗うつ薬が好まれるのかもしれない(逆?)。

BMJ Open. 2012 Mar 30;2(2):e000544. Print 2012.
Incident user cohort study of risk for gastrointestinal bleed and stroke in individuals with major depressive disorder treated with antidepressants.
Castro VM, Gallagher PJ, Clements CC, Murphy SN, Gainer VS, Fava M, Weilburg JB, Churchill SE, Kohane IS, Iosifescu DV, Smoller JW, Perlis RH.
Partners Research Computing, Partners HealthCare System, Boston, MA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-08 16:46 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line