線維筋痛症の合併は関節リウマチの障害の予測因子

151人のヒスパニックのRA患者。114人を6ヵ月後に評価。断面解析。結果:6つのパラメーターが断面的に独立して障害に関連する:痛みが最も強く (p<0.0001), 次いで非可逆的な関節の損傷, 疾患の活動性, 抑うつ, 年齢, および fibromyalgia (すべて p<0.03)。当初のパラメーターは6か月後の障害を予測するー有意差は減少するが-非可逆的な関節の損傷 (p=0.004), 抑うつ, 疾患活動性, 年齢, および痛み(すべて p<0.04).

Arthritis Care Res (Hoboken). 2012 Apr 5. doi: 10.1002/acr.21689. [Epub ahead of print]
Correlates and predictors of disability in "vulnerable" United States Hispanics with rheumatoid arthritis.
Karpouzas GA, Dolatabadi S, Moran R, Li N, Nicassio PM, Weisman MH.
Division of Rheumatology, Department of Medicine Harbor-UCLA Medical Center and Los Angeles Biomedical Research Institute. gkarpouzas@labiomed.org
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-12 20:44 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line